企業理念について思うこと

先日、あるセミナーにて企業理念について考える機会がありました。私も起業を志したときは色々な企業の企業理念を調べて、どんな言葉が自分の理念を明確に表すことができるか考えてみました。

結論としては、具体的な文章を決めるには至っていないのですが、いくつかのポイントになるキーワードを挙げることができました。

まず、やはり「顧客利益の最大化」が最も大事な企業の理念となりました。弊社のクライアントとなる企業さまは、中小・零細企業、個人事業主が大半となります。限られた資金で弊社のサービスに投資されたお客様に、投資した額以上の効果があげることは命題となると感じています。

また同時に、仕事であっても「楽しみと面白さ」を伝えられるようにしたいと考えています。特にWebを通じて誰でも世界中に発信することができます。ここ数年のインターネットの普及で旧来のマスメディア以上にインターネットの影響力が大きくなってきています。FacebookやTwitterなどのSNSで、自分が発信した情報に多くの人からの反響があったときは、インターネットを通じて情報を共有することの面白さを味わうことができます。

今、挙げてみましたが企業の義務として当然というか、基本的なことだと思います。ただに、これらのことは日々の業務のなかで意識が薄れてしまうことがあるというのが正直な気持ちです。そして実際に、理念に反するような状況で苦しい思いで働いている人もいるのが現実だと思います。私も何度がそのような経験があり、そのような状況では働くモチベーションが低下して、非常にストレスを感じながら働いていました。

やはり、企業は理念を常に意識し、最大限その理念の基づいた業務形態を確立することが重要なのでしょう。

私も、一人の事業主としてこのことを常に意識して業務を行っていきたいと思います。